ホーム > スポンサー広告 > 「2槽式洗濯機」と「全自動洗濯機」の比較ホーム > 比較 > 「2槽式洗濯機」と「全自動洗濯機」の比較

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

「2槽式洗濯機」と「全自動洗濯機」の比較

 
本格的に節約するなら、2槽式洗濯機は必需品でしょ!・・・なんて言う人もいますが、
私は節約という点ではオススメはしません

理由は簡単。とても手間が掛かるからです。


どちらかというと、2槽式洗濯機はエコ向き
エコと節約の両立が出来るという意味では是非使って欲しい
ものですが共働きの人ならその不便さに間違いなく後悔するはずです。

反面、介護されている家庭やオムツはずれ前の汚れた下着のすすぎ処理などには
単純仕様の2槽式の方が使い勝手が良く、とても便利です。


では、一般的な全自動洗濯機と2槽式はどれだけ違うものか、
それぞれを比較した、利点と欠点を上げていきたいと思います。


自動で回り始めるか

自動で水が入るか、自動で水が止まるか

洗濯物を移し替える必要があるか

毛布などの大物が洗えるか

洗濯物を痛めにくいか

水が使いまわせるか

洗い分けがしやすいか

少量の汚れ物をすすぎやすいか


い文字の方が 全自動の利点、2槽式の欠点
い文字の方が 2槽式の利点、全自動の欠点です。

では順番に解説を。

2槽式は、自動で回り始めません
回って欲しいタイミングでダイヤル式のタイマーをONする事で回り始めます。
洗濯槽も脱水槽も同じです。
(一応、浸け置きタイマーの付いた2槽式洗濯機もあります)

2槽式は、自動で水を張ってくれません
自分で水道をひねり、自分で頃合を見計らって止めなければいけません。
水を出したまま放っておけば当然どんどん溢れてしまいます。

2槽式は、洗濯槽で脱水出来ないので、その都度入れ替える必要があります
洗ったら移して脱水、また戻してすすいで、また移して脱水・・・と、
体力も時間も使います。

2槽式は、特に脱水槽が狭い為、大きな洗濯物を洗う事ができません
全自動洗濯機ならば、かなり大きい洗濯物でも洗えるはずですが、
2槽式ではシーツ程度のサイズが限界で、毛布などの丸洗いは不可能です。


2槽式では、全自動より洗濯物の痛みが少なく済みます
全自動は洗濯物が絡まっていても脱水・すすぎまでそのまま進んでしまいます。
2槽式ならば絡まりがあっても、移し替える際に気付くので必然的に分離出来ます。
絡まったまま引っ張られ続ける全自動では、痛みも早くなりますよね。

2槽式では、洗濯水やすすぎの水の使い回しが出来ます
水を注ぎ足して洗剤を注ぎ足して、溜まった洗濯物を一度に洗います。
脱水機に移した際に出てくる排水もタライなどに溜めて再利用すると、
もっと洗剤節約・節水で、エコロジーになります。
基本的に、一度取れた汚れは長い時間放置しなければ再度付着するという事は
ないはずですので、洗濯時に泡が出ていれば上手く洗浄できていると言えます。
そして、汚れの酷いものだけもう一度回そう、などの応用も可能ですね。

2槽式では、洗い分けが容易です
先ほどの方法で、1度目に白い物、2度目に色物、3度目に黒い物。
汚れの少ないもの、汚れのきついもの。赤ちゃんの、父母の、介護の・・・など。
これを全自動でやろうとすると、毎回ずぶ濡れの洗濯物をカゴなどに出し入れする
わけにもいきませんので、一種類ずつ終らせるしかありません。
また、量や汚れ具合によって設定を弄る必要もあるので、単純な2槽式に比べ
全自動の方がとても非効率的になってしまいます。

2槽式では、少量でもすすぎだけでも臨機応変に利用できます
赤ちゃんの食べこぼし、介護用品、お漏らしなど、すぐにすすいでおきたいものも
ありますよね。
2槽式なら、ちょっと水を張って弱水流でさっとすすげます。
全自動だと先ほどと同じく、パッと融通が利きませんよね。


どちらにも両立できない利点・欠点がある為、
全自動と2台持ちで使い分けるという方法もありますけどね。
冷蔵庫もそうですが、2台あると故障した時に途方に暮れる心配もなくなります
でも、蛇口と排水口のある置き場所がもう一箇所必要になりますけどね。
コンクリートブロックなどで洗濯機を底上げして、庭やベランダに設置するのが
2台持ちの常套手段かと思います。


ところで、全自動洗濯機に分類されるものの中でも、
「縦型(渦巻き式)」「ドラム式洗濯機」の大きく2つに分かれますよね。
こちらの比較も軽くしておきます。

ドラム式洗濯機のお値段は、他の洗濯機に比べ格段にお高いわけですが。
ドラム式は乾燥能力に優れているのが大きな特徴で、
乾燥機能付きの「洗濯乾燥機」という分類の物がほとんどになります。
従来の縦型でも本格的な乾燥機能を備えようとすれば、10万円前後は必要になってくるかと思います。

縦型を標準と考えて「ドラム式の洗濯機」は、節水節電が出来ると言われていますが、
節電に関しては特にそれほど大きな差はないようです。

ドラム式の方が洗濯容量が多いのも特徴です。
一般的な縦型は5.0~8.0kg程度なのに対し、ドラム式は9.0kgのものがほとんどです。

しかしドラム式は従来、泡立ちの悪い硬水の地域で普及しているもので、
洗濯物を持ち上げて落とす「叩き洗い」になります。
日本の環境では、従来の縦型の方が汚れ落ちが良く、衣類も傷みにくい
ですので、
ドラム式は、一度に大量の洗濯物を洗いたい人と、
性能の良い乾燥機を頻繁に利用したい人に限定してのオススメ

ということになります。

ただし、乾燥機の使用は衣類の傷みが激しくなりますし、
乾燥機が使用できない衣類を乾燥させると型崩れや縮みなどを起こし、
一度間違って使用しただけでも着れなくなってしまうこともあります

今まで乾燥機を使っていなかった方は特に、服の購入時から注意する必要も出てきますし、慣れるまでに色々と失敗も多発する事かと思います。

失敗にもめげない余裕のある方にだけ、衣類乾燥機の導入をオススメします。


時間に余裕があり、環境に優しくエコな生活がしたいと思われる方には、
まず一番にオススメしたいのは、2槽式洗濯機。

数分の空き時間も有効に活用できるという、器用でアクティブな方にも
是非有効活用していただきたいですね。


2槽式洗濯機を、Amazonで探す

全自動洗濯機を、Amazonで探す

ドラム式洗濯機を、Amazonで探す

洗濯機を購入の際には、設置場所の広さと、洗濯機の寸法を
 よく考慮した上でお買い求め下さい。

関連記事

[ 2013/01/21 13:32 ] 比較 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人プロフィール

 hiviki (灯吹 ひぶき)

Author: hiviki (灯吹 ひぶき)
 
関西の片田舎に住む、ネット依存の30代節約主婦です。
節約依存でもあります・・・つまりケチって事ですねw

軽度発達障害の子と、まだヨチヨチのわんぱく娘の子育て奮闘中です。

リンク
Amazon.co.jp
楽天市場


参加サイト ↓(please click!)



ブログランキング・にほんブログ村へ



SEO
ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。