ホーム > アーカイブ - 2012年-12月- day.--.19.12

このページの記事目次 ( ← 2012年12月 →

ページ
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

ブレンディ スティック カフェオレ 【AGF】

 
コーヒーはストレートでは飲めないお子様舌ですが、
カフェオレ大好きです


カフェオレ好きの私は、やっぱりというか、ブレンディー派。

コーヒー好きの夫が色んなコーヒーを買ってきて試しているので
度々味見させてもらうのですが、大抵のものは口に合いません。

特に良く覚えているのは「117」とか「114」というコーヒーは、
どちらもさっぱり口に合いませんでした。

「マキシム」なども普通に美味しく飲めますが、
美味しい上、冷たい牛乳にさっと溶けるブレンディーは、
カフェオレ好きの定番
ですよね


さて、そんな私が冬になると良く使うのが、タイトルの
「ブレンディ スティック カフェオレ」シリーズ

夏は瓶のインスタントを冷たい牛乳とシロップで飲みますが、
冬は寒くて牛乳を温めたりの手間が増えて面倒になるんですよね・・・


そこで、ブレンディースティックが大活躍なワケです!

カップに粉を入れてお湯を注ぐだけで簡単楽チン
沸騰ポットのオススメは冷めにくいコレ


ブレンディースティックのカフェオレは、3種類
今回は各種の私個人の感想を紹介します。


まず無難に美味しいのはノーマル
1/2カロリーハーフも特に不自然な甘さなどもなく、
ノーマルとの差も感じず美味しかったです。
    

しかし、私のお気に入り一押しは、意外や意外の
エスプレッソオレ
ってコレ、カフェオレじゃないけどw


これが何故かなぜか、
カフェオレよりミルクの味が濃厚に感じ、とても美味しいんです

エスプレッソオレという名なので、コーヒーはかなり濃い目になっています。
そしてその分ミルクは少なくなっているはずなんですが、
でもなんというか・・・普通のカフェオレは普通に牛乳で割った感じなのに対して、
エスプレッソオレの方は、
生クリームが入っているような味わい
に感じるのです


微糖と書かれている通り、甘さは当然控えめです。
ですので甘党の私は、これに砂糖を追加していただきます
これで普通のカフェオレよりエスプレッソオレの方が美味しくなります(自分基準)

2度ほど買い足しし、それでも変わらず美味しかったので
気のせいではないはずなんですが、本当に自分でも謎ですので、
試される場合は、お口に合わない可能性もご考慮の上でお買い求めくださいね。

もしカフェオレは好きで飲んだけど、エスプレッソオレは飲んだ事ない、
と言う方には、是非一度試していただきたいです


若干お湯を多めに入れ、砂糖をしっかり足すのがポイントですよー

もし同じ感想を抱かれた方はコメントいただけると嬉しいです!


ちなみに、私は一番微妙だったのが、大人のほろにが。
  
こちらはエスプレッソとは逆にミルク感が少なく感じる不思議です
(っていうかこの方が普通の感想なんですが・・・)
この商品はカフェオレと言うより、ミルク入りのコーヒーという印象でした。
普通にミルクと砂糖入りのコーヒーを手軽に入れたいんだという方向けだと思います。
甘さも控えめです。


関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/12/19 20:23 ] 比較 | TB(0) | CM(0)

2歳から見せたいDVD 「はじめてのひらがな・かず・ABC」

子どもにテレビをあまり見せるのは良くないと言われますが、
テレビって子どもの気を惹くもの、夢中にさせるものなんですよね

そりゃあもちろん、絵本の方が積極的に読ませたいと思いますが、
文字を読めない小さな子に動きのない絵本に興味を惹くのはなかなか難しいものです。

なら、夢中になれるものを利用しない手はない

そんなテレビに興味津々になってくる頃にとりあえず見せて損はないのは、
NHK教育「Eテレ」の、幼児向けテレビ番組

今、一番小さい子向けの番組といえば「いないいないばぁ」
他、内容が理解できなさそうでもとりあえず見せといて損はないかなと思うのは、
「えいごであそぼ」「おかあさんといっしょ」辺りですね。

特に英語は、2歳辺りからネイティブな発音を積極的に聞かせておいた方が良い
とかいいますし、親が苦手なら特に見せておいたほうが良さそうです。

でも当然、やっている曜日や時間帯は固定ですので、
いつでも見たい時に見たいものが見れるわけじゃないですよね。

そこで活躍するのがDVD。

幼児向け番組を録画して見るのもありですが、
特にオススメしたいのがこちら

はじめてのひらがな・かず・ABCという
DVD付の知育雑誌(季刊)です

980円でなんと100~120分もの知育DVDが付いているんですよ!
対象年齢は、2・3・4・5才となっています。


うちの子には2歳を過ぎた頃から購入しています。
2歳時はさすがにまだ内容は理解していませんでしたが、
夢中になって音楽や好きなセリフを丸覚えしちゃってました

ひらがな・かず・ABCに加え、あいさつや色などもあり、
難なく無理強いの必要もなく、楽しんで学ばせる事が出来ます

そのうち、言葉をしっかり理解できるように成長した頃には、
物の名前や言葉だけでなく、セリフの意味を解って会話の中に混ぜてくるようになってきました。


内容は、既に発売されている小学館アニメなどの
色々な作品の知育DVDからピックアップして集めた、
短編総集編のような構成
になっています

どれもしっかりボリューム満点で、半端に終わる事もなく良いとこ取りされていて、
1作品ごとに宣伝も入っていますがそれを差し引いても十二分な質の良さです。

さらに嬉しいことに、
雑誌の内容もDVDとしっかり連動していて、
自然と本にも興味を持ってくれる
ように構成されています


同じような教育・知育ものとしては、しまじろうのこどもチャレンジが有名ですね。
うちでもたまーに良い玩具があったときなどに数ヶ月間取ったりするのですが、
こどもチャレンジは知育玩具の出来が良い分、
本や動画のボリュームが非常に少なく、残念なんですよね。
(10分前後+広告も多め、DVDが無い時もあります)

はじめてのひらがな・かず・ABC」の方が断然お安く、
DVDのボリュームだけでなく雑誌の中身もしっかり充実しています。
知育玩具こそ無いものの、シールや紙の付録などもしっかり付いているんですよ。

季刊という点も、一本をじっくり長く楽しめるのが節約主婦的には嬉しいです。


簡単な言葉や知識に慣れ親しんでおくという目的で、
特に2歳頃からのお勉強の入門編としてオススメします

娘も面白いのか集中して見てくれるし、
ちょっと邪魔されたくない時などにも利用できて、重宝してます

長いのでディスクチェンジやリスタートの手間もありませんし、
もちろんお好きな1コーナーだけを再生する事も出来ます。
さらに、歌だけを全部聴くという機能もあるんですよ。

小さいお子さんのおられる方は是非チェックしてみてくださいね

ネットで買えば、ポイントも付いてお得ですよー

関連記事

[ 2012/12/12 04:52 ] おすすめアイテム | TB(0) | CM(0)
管理人プロフィール

 hiviki (灯吹 ひぶき)

Author: hiviki (灯吹 ひぶき)
 
関西の片田舎に住む、ネット依存の30代節約主婦です。
節約依存でもあります・・・つまりケチって事ですねw

軽度発達障害の子と、まだヨチヨチのわんぱく娘の子育て奮闘中です。

リンク
Amazon.co.jp
楽天市場


参加サイト ↓(please click!)



ブログランキング・にほんブログ村へ



SEO
ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。