ホーム > 暖房器具

このページの記事目次 (タグ: 暖房器具)

ページ
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

暖房器具の比較

主に電気で暖めるタイプの暖房器具を中心に比較します。
プラス、一番節約できる暖房器具の「石油ファンヒーター」と、
熱効率の良い「床暖房」を含めて比較していきます。


石油ファンヒーター 石油(灯油)を燃やし空気を暖めて放出する。
 灯油を用意する手間と、空気が汚れるので換気が必要で不健康
 設定温度調節が可能。部屋全体を暖められる上、ランニングコストは格安

ガスファンヒーター 石油ファンヒーターの燃料補給の手間を省いたもの。導入に色々条件やお金も掛かる上、ランニングコストは石油に劣る

床暖房
 主に電気式とガスによる温水式がある。足元から暖め、空気も汚れないので健康的
 設定温度調節が可能。ランニングコストは高くはない程度だが、導入は難しく高額
 安全性が高い熱効率も良く、部屋全体を暖める事が可能。

エアコン 電気で暖めた空気を放出する。
 設置・取り外しに工事が必要で、廃棄には家電リサイクル料も必要。
 ランニングコストはクーラー時よりも高くなるので、単体での使用は電力消費が激しい

オイルヒーター
 電気で中のオイルを暖め、対流や輻射熱によって部屋を暖める
 導入・ランニングコスト共に高いが、安全性が高くメンテナンスフリー
 暖まるまでに時間が掛かるが、冷めにくい

パネルヒーター
 金属製のパネルに電気を通し、パネルから出る赤外線で暖める
 即暖性で輻射式。大きさはコンパクトなものから場所を取るものまで様々。
 ランニングコストは使い方にもよるが少々高め
 遠赤外線で暖める大型タイプであれば部屋全体を暖める事も可能

電気ファンヒーター
 電気で主にセラミック製のヒーターを暖め、その熱で空気を暖め放出する。
 温度調節は2段階のものが多い。ランニングコストは高め
 直ぐに暖を取れ、コンパクト部屋全体を暖めるのは難しい

電気絨毯
 じゅうたん型で、張り巡らされた線を暖めた熱が接している部分へ伝え暖める
 温度調節は3~8段階程度。ランニングコストは弱使用なら低め
 2畳以上であれば半分各片面と全面の3面積の切り替えが可能
 熱効率は悪くないが、部屋全体が暖まるほどではない。

コタツ
 机の裏にヒーターがあり、コタツ布団を併用する事で、机の下の空間を暖める
 部分的にしか暖まれないが、熱効率は良く、ランニングコストも低い
 コタツだけでは腰から上が寒いので、着膨れるか他の暖房器具の併用が必要。

電気ストーブ
 ヒーター部分は主に2箇所に別れており、それぞれ個別に電源のオンオフが可能。
 即暖性で輻射式だが、コンパクトなので範囲が狭い
 導入コストは格安だが、ランニングコストはスポット暖房の割には高め
 一般的な物は温度調整は出来ないが、ダイヤル式の温度調整があるものも。
 ヒーターの種類も様々あり、特徴も性能もかなり個体差がある暖房器具。
 ハロゲンは、熱光線の当たる部分のみを暖める。非効率的でオススメできない
 カーボンは、遠赤外線の出るものが多く、比較的熱効率の高いタイプでオススメ


次に、特長別に分類します。

空気でなく人や物を暖めるタイプ(輻射熱が期待できる)
 床暖房、電気絨毯、オイルヒーター、コタツ、
 ファン式ではないセラミック・カーボン・マイカ製のヒーター。

空気しか暖めないので換気ですぐに冷えやすいタイプ(熱効率が悪い)
 ファンヒーター類、エアコン。


即暖性の高いタイプ(すぐに暖まれる)
 電気ファンヒーター、電気ストーブ系、パネルヒーター、電気絨毯、コタツ。

暖かさを感じるまでに時間が掛かるタイプ(暖まりにくく、なかなか暖を取れない)
 エアコン、オイルヒーター。


主に部屋全体を暖める用途の暖房器具。
 床暖房、石油ファンヒーター、エアコン、オイルヒーター。

部屋全体を暖めるのには向いていないスポットタイプ
 電気ファンヒーター、電気ストーブ系、電気絨毯、コタツ。

どちらにも利用できるタイプ
 大型のパネルヒーター、石油ファンヒーター。


本体価格が安い
 電気ストーブ系、コタツ、石油ファンヒーター、電気絨毯。

導入コストが高い
 床暖房、エアコン。


持ち運べる
 電気ストーブ、電気ファンヒーター、パネルヒーター。

場所移動が難しい(固定されている物は除く)
 石油ファンヒーター、オイルヒーター、電気絨毯、コタツ。



使用目的や場所を考えた上で、ランニングコストを加味して選びましょう

例えば、電気絨毯などは土足で上がる欧米では不向きですよね。
逆にエアコンやオイルヒーターは断熱性の低い和室には向きません。

あまり動き回らない部屋なら、スポット暖房だけでもまかなえますし、
広い部屋であればその分、全体を暖める為にはコストが掛かることになります。

節約だけを考えるなら、コタツなどで足元を暖めつつ、
石油ストーブか、出来るだけランニングコストの低いスポット暖房で凌ぐのがベストな選択と言えます。

安全性や健康を重視するなら、石油ストーブは論外。
快適な暖かさを重視するなら、床暖房オイルヒーターがベストと言えます。


私の総評としては、
床暖房が最強だと思います。が、導入が難しい。代わりには電気絨毯コタツ

部屋を暖めるのは、北国や雪国ならやはり石油ストーブ系以外ではパワー不足でコストもかさみますが、
狭めの部屋ならパネルヒーター1台あればオールマイティー
エアコンがある部屋なら素直にエアコンを利用しましょう
ランニングコストを気にしないなら、オイルヒーターが快適安全です。
エアコンやオイルヒーターには、+即暖性のスポット暖房を併用すれば、即暖性も確保しつつ設定温度も下げる事ができます。

トイレなどの手狭な空間のスポット暖房としては、即暖性で清潔な小型のパネルヒーターがオススメです。

節約の観点では、やはり石油ストーブが最強なのですが、
空気を汚さず安全安心も求めるなら、足元から暖める暖房に+こたつ布団や毛布の組合せがベストです。
即暖性の補助暖房としてプラスするのは、カーボンなどの遠赤外線の電気ストーブがオススメです。
部屋全体を暖める暖房器具が全く無ければ、遠赤外線タイプのパネルヒーターも一台二役で便利です。
しかし、どの電気暖房器具にも言えることですが、
ずっと強運転でつけ続けていると電気代がかさみますので、
複数の暖房器具をなるべく弱運転で上手く併用するのが、
電気代を節約しながら快適に過ごすコツ
です


「暖房器具」を、
posted with カエレバ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/11/06 03:41 ] 比較 | TB(0) | CM(0)
管理人プロフィール

 hiviki (灯吹 ひぶき)

Author: hiviki (灯吹 ひぶき)
 
関西の片田舎に住む、ネット依存の30代節約主婦です。
節約依存でもあります・・・つまりケチって事ですねw

軽度発達障害の子と、まだヨチヨチのわんぱく娘の子育て奮闘中です。

リンク
Amazon.co.jp
楽天市場


参加サイト ↓(please click!)



ブログランキング・にほんブログ村へ



SEO
ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。