ホーム > ネット通販での注意点

このページの記事目次 (タグ: ネット通販での注意点)

ページ
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

メール便 特徴と注意点

安い、でも不安
メール便についてのポイントをまとめておきます。

・送料は80円~。代金引換は利用できません。
・郵便事故などで保障される金額は送料のみ。その上、郵便受けに投函後の盗難や紛失については保障されません。
・配達日指定や時間帯指定が出来ません。宅配便より日数がかかる場合があります
・普通郵便と同じように郵便受けに投函され配達完了。
・郵便受けに入らないサイズの場合に無理やり押し込まれたり、上や横に放置される場合もあります。
・表札などが無く、受取人の苗字すら確認ができないお宅への荷物は、投函されず送り返される可能性があります。
・クロネコメール便の場合のみ、荷物追跡サービスの利用が可能(「発送」および「投函完了」のみ表示)


「メール便対応」 「メール便送料無料!」 最近よく見かけますね。
保障はあってないようなものなので、郵便事故が恐い商品では利用するべきではありません
しかし割れ物や精密機械でもなければ郵便事故などそうそう起こるものでもありませんので、
郵便受けに入る大きさで数百円のお買い物の際にはとても安く済ませることができて助かります

お宅の玄関に苗字の掲示が必須です
宅配便なら直接確認してくださるでしょうが、メール便では配達人さんを困らせてしまいます。
トラブルの元になる要因はなるべく取り除いておくのは基本ですよね。

日数が掛かると書かれていますが、大抵は翌日~3日くらいで着く感じです。
丸一週間経って届かなければ郵便事故率が高いので即、運送会社へ問い合わせしましょう

たまに、送料無料!にひかれて買おうとしたけど、メール便での対応で事故が起こっても保障も出来ないと書かれていた!
という事もありますので、しっかり確認して検討しましょうね。


オススメは、小物類・安物の服類・サンプル品など。
私の場合、いつも買っている数千円程度のサプリメントでたまに利用する事もありますが、数千円はちょっとリスクが高いかなと思うので、なるべくは宅配便送料無料になる金額まで買うようにはしています。
 
関連記事
スポンサーサイト

ネットで買い物する際の注意点

まずネット通販で注意すべき心得は、利用者のニーズによって大きく2つに分かれると思います。

節約重視と、便利さ重視です。

節約重視の方は、まず安い商品を探すところから始める必要がありますので、
こちらの節約のコツを、まず先にしっかり頭に叩き込んでからこちらを読むと上手く考えやすいと思います。


ではまず必要な情報は、支払方法と配送方法かと思います。
これらは同じ箇所で説明されている事が多いです。
大体は、ページの下部に記載されているか、店名の横や下辺りに支払い・送料ページへのリンクが用意されています。

まずは支払い方法の種類を確認します。
一番早くて簡単なのはやはりクレジット払いですが、クレジット払いに対応していないショップも多いですので確認が必要です。
そしてクレジット払いの際には悪用防止の為の、セキュリティー対策表示を探して確認しておく事も忘れないようにしましょう。
一番安全なのは、商品が届いた時点で支払う事の出来る、代金引換です。
しかし代金引換は基本現金払いですので、クレジットカードで代金引換が出来る旨が書かれていなければ現金を用意しておく必要があります。
銀行振込しかない場合でも、ネットバンクを活用出来れば比較的スムーズに時間を掛けずに支払う事が可能です。

次に、配達日指定や時間帯指定が必要な方は、配送方法の欄で確認しましょう。
自宅に不在の際に配達されると、荷物は一旦持ち帰られ、郵便受けに不在通知が投函されます。
その場合基本的には記載に従い連絡しないと再配達されませんし、面倒ですよね。
ちなみに配送方法が「メール便」の場合は、配達日指定や時間帯指定は出来ません。そして宅配便より日数がかかる場合が多いです。
メール便については、数百円の安い買い物でない限りはまずお勧め出来ませんので除外しましょう。

次に、入金確認後何日以内に発送するのかを確認しましょう。
7日以内、5営業日以内、などとなっているショップは最長一週間も待たされる可能性があります。
このようなショップでは配送日指定が出来ても、例えば3日後に指定してもその日に届かない可能性がある、という事です。
時間帯さえ合えば受け取れるのであれば、配達日指定はしない方が早く到着する可能性が高いです。
とにかく早めに届いて欲しいという場合は、日時共に指定せずに、不在通知を受け取った場合には早急に再配送手配をするのが結果的に一番早く届くことになります。

お急ぎの場合は、支払いの内容ごとにどのように入金確認するかが書かれている箇所も探してみてください。
例えば、日・祝日を除き、毎日○時に確認します。○時までに払込済みの分は当日発送します。のような感じです。
見当たらなければ基本的には、休業日を除き翌日確認されるとの解釈でよいと思います。
こうして一日でも早く届くショップを見分ける事が出来ます。

最後に、返品・交換についての項目は必ず確認しておきましょう。
開封後は返品・交換不可。○日以内の初期不良であれば交換可能、返品は不可。効果がみられない場合、一ヶ月以内なら返品可能。など、商品によっても様々です。
商品に対してあきらかに不似合いな内容の場合、そのショップは敬遠するべきかもしれません。

ちなみに、よくある販売形式で「メーカーより発送します。不良品についてはメーカーでの対応となります」というものがあります。
この場合、不良品に当たった際にショップ側では全く対応してくれない場合があります。
まず配送者へ連絡とか、メーカーで交換対応とか、一番わずらわしいのは「メーカーに連絡して保障の範囲内で修理します」などがこのパターンに当たります。
万が一不良品に当たった際、良品が手元に来るまでに余計に日数が掛かる可能性が高いです。
どうしてもすぐに必要で万が一でも待たされると不都合がある時には、通販はあきらめて近所の量販店で買うのがベストの選択だと言えます。



通販にはプレゼントという選択肢もありますね。
自宅に届いてからわざわざ持って伺わなくても、直接プレゼント先に届けてもらえば手間も省けます。
この場合の注意点を。

プレゼント用の商品として販売していない場合、ラッピングや水引の対応をしてもらえるショップは意外と少ないです。
これらの記述が無い場合、問い合わせれば対応してくださるショップもあるかもしれませんが、まず無理なところが多いでしょう。
何も手配出来なければ、無骨なダンボールや袋のまま届く事になります。
必要な場合はしっかりチェックしましょう。

そして忘れがちなのが、商品の値段表示
これもプレゼント用の商品でない場合、袋に値段が書いてあるものだった値札が付いたままだった。というのはよくあるミスです。
そもそも全く気にしてくれないショップもありますので、失敗が許されない場合は一度問い合わせて値段表示の無い状態で発送出来るのか、確認を取ってから注文した方が良いかもしれません。
万が一値札が付いていたとしても大きな問題ではない場合なら、注文の際に備考欄に「プレゼントなので値段表示があれば消しておいて下さい」と書くだけでも大抵は対応してもらえるでしょう。

あとは、注文者と宛名を間違って自分の元に届いてしまわないように気をつけましょう。
 


商品が到着した際も、なるべく早く中身を確認しましょう
特に初めて利用するショップなら直ぐに確認した方がいいです。
先ほど代金引換は一番安全とは言いましたが、中身が偽者の可能性もあり、必ず安全とは言えません。
偽者ではないか、間違った商品が入っていないか、不良品では無いか、出来る限りしっかり調べましょう。
報告が早ければ早いほど円滑に進む可能性が高いですし、使用後は返品交換不可という場合でも届いて直ぐなら不良品だと主張する事も容易ですので、大抵の場合は対応していただけます。(というか明らかな不良品交換すら出来ない店は警察に訴えられるレベルの大問題)

もし大きな詐欺ともとれるような問題が発生した際には、泣き寝入りせず今後の為にも、役所や最寄の消費者センターなどに相談することをお勧めします。



長くなりましたが、読んでナルホドと思われた部分も多いと思います。
慣れれば確認などもスムーズに出来るようになりますので、注意点を見落とさないように上手くネット通販をご活用ください。
 
関連記事

管理人プロフィール

 hiviki (灯吹 ひぶき)

Author: hiviki (灯吹 ひぶき)
 
関西の片田舎に住む、ネット依存の30代節約主婦です。
節約依存でもあります・・・つまりケチって事ですねw

軽度発達障害の子と、まだヨチヨチのわんぱく娘の子育て奮闘中です。

リンク
Amazon.co.jp
楽天市場


参加サイト ↓(please click!)



ブログランキング・にほんブログ村へ



SEO
ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。